SIMロックが設定されていても、NTTdocomoの場合

iPhoneで格安SIMを使いたい人はいると思います。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、そのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。

auやソフトバンクのiPhoneは残念ながら使えません。

そのような方は、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、SIMロックを解除する、または、下駄を使うことになります。

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

格安SIMはちょっと不安という方や、ベースとして使って行ける安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、大手キャリアが提供しているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。

あなたが格安SIMに切り替えれば、月々の通信費を抑えることができます。

ソフトバンク等だと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと月に1000円程度ということも。

一回は、検討してみてもいいかもしれませんね。

SIMとは、ドコモではUIMカード、au(KDDI)では「au ICカード」、ソフトバンクでは「USIMカード」という名前の小型のICカード「SIMカード」のことです。

携帯端末に、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、通信料が安くつけるので、最近よく話題に挙がるようになりました。

今、格安SIMを販売しているだいたいの仮想移動体通信事業者は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

そのため、カタログスペック上の速度は最大でも150M程度など、どの会社でも大きな差異はない状況です。

でも、実際に速度を比較してみるとMVNOによって大きく異なるんです。

一例を挙げるとアクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。

いろいろな仮想移動体通信業者もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、「回線帯域の太さ」と設備のところに影響を受けるということがあります。

「回線の帯域の太さ」と「通信設備」は仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

スマホやタブレットにはSIMロックされているものと、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、違う回線業者のSIMカードを使えないロック(SIM)がかかっています。

ただし、SIMロックが設定されていても、NTTdocomoの場合は、ドコモ回線を使っている会社のSIMを利用することができます。

普通は、データ回線がふとければユーザーやアクセスが増加しても、速度低下に陥ることがなく、設備投資がしっかりしていれば、データを素早く処理できるため利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。

以上のことから会社を選ぶ際は、料金だけでなく基盤がしっかりとしたMVNOを選択した方が良いことが分かります。

データ通信が安くできる格安SIM。

例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。

実は、スマートフォンにSIMをセットしただけでは使うことはできないのです。

それは、端末側でネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、SIMだけを購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

続きはこちら>>>>>格安SIMというものでテザリングする。xperiaでもね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です